仕事から離職する際の女性看護師の悩み

結婚して子宝に恵まれると自分の子供を育てられることに喜びを感じるのは親心として当然だろう。しかし、その嬉しさの反面で仕事に悩みを持ってしまうのは女性の常である。看護師となって働いてきた人にとっては、働き続けられるかというと厳しいと考えてしまう場合が多い。まずは育児のために育児休暇をとるという選択をするだろう。しかし、育児休暇を終えた後に速やかに復職して働き続けていくか、あるいは退職して十分な育児期間を取った上で再就職するかという悩みを持つことが増えている。判断が難しいからこそ、手続き上は育児休暇を取り復職する予定にしておいたものの、やはり子供が可愛くなってしまったり、育児と仕事の両立は難しいと感じたりして退職する看護師も多いのである。

一方で、やはり働きたいと考えて育児支援のサービスや夫の協力を得ながら、育児休暇後はすぐに現場に復帰する人も増えてきている。いずれにしても、看護師として働いてきた人は働き続けたいという気持ちを持っているのが一般的であり、復職か再就職を遂げて働くようになってきているのが現状である。女性として働きやすいように努力をして資格を取得したからこそ、活用できるように人生を歩みたいと考えるのが原動力となっている。そのため、子宝に恵まれて仕事をどうするかという悩みが生じてしまっても、最終的には現場で働く看護師として返り咲きしているのが通常になってきていると理解しておくと良いだろう。